常磐大学高等学校2号館

茨城県水戸市 2014年

自立的な学習を実践

新校舎を計画する上でこれまでの受動的(一方的な知識伝達型)な授業形態から、生徒が自ら課題を発見し、主体的に考え、解決する能力の育成、能動的な学習形態を目指し、「自立的な学習」を実践するための建築計画を行った。ラーニングコモンズゾーンの形成、従来型教室からの脱却、生徒の移動を考慮したスキップフロア、各スペースを緩やかにつなぐフォーラム等、様々な試みを行っている。

所在地:
茨城県水戸市
構造:
RC・S造
規模:
地上3階
延床面積:
4,818m2
竣工:
2014年03月
撮影:
プライズ