東邦大学習志野キャンパス スポーツアリーナ

千葉県船橋市 2013年

明るく風通しの良い大学体育館のアリーナ

一般的に学校施設の体育館では換気と照明によるエネルギー消費の割合が多い。そこで、外壁面は開口部を最小限にし、換気のための自然通風を導入しながら、断熱性を高くし外部の影響を削減した。内部においてはこの壁面を自然光のリフレクタとして活用し、トップライトからの昼光利用によって、普段の昼間は全消灯しても利用できる視環境計画を目指した。外周開口部からの風は防球用縦ルーバーを介し、中央部トップライト部開口から抜けていく。居住域の通風、屋根直下の熱だまりを防ぐ効果がある。

所在地:
千葉県船橋市
構造:
RC・S造
規模:
地上3階
延床面積:
6,664m2
竣工:
2013年10月
撮影:
大澤誠一

2015年 グッドデザイン賞

2015年 環境・設備デザイン賞 建築・設備統合デザイン部門