印西市立牧の原小学校・印西市牧の原地域交流センター・印西市立牧の原学童クラブ

千葉県印西市 2015年

新生する街の新しい学びの場を創る

敷地は、北総線印西牧の原駅の北西、ニュータウンとして新生する街に位置している。
本計画は、小学校・地域交流施設・学童保育の施設で構成され、新生する街の地域コミュニティの核として、「児童教育の場」から地域住民の「生涯教育・交流の場」へと幅広い役割を担うとことになる。3施設の間には交流広場を設け、地域住民と児童たちの交流の場を創出している。
小学校は、開校より将来の児童数の増減が見込まれるため、まちの成長・変化に合わせて施設の有効利用が図れるよう多目的教室や特別教室等の将来開放ゾーンの設定、増築を考慮した計画としている。
学校全てを学びの場とし、ラーニングセンターを中心とした施設構成、低・中・高学年の成長に合わせたコモンスペース、低学年専用庭、児童菜園等を計画している。
快適な学習環境を得るため、深い庇による日射制御と自然通風の促進、2方向の卓越風を考慮した各教室の風の塔、ハイサイドガラスや光庭による照明に頼らない共用部、アリーナの太陽光集熱利用、エコアイテムの見える化等、この場所の特性を最大限活かしたエコ・スクールを実現している。

所在地:
千葉県印西市
構造:
RC造/一部S造/一部PS造
規模:
地上2階
延床面積:
7,476m2
竣工:
2015年03月
撮影:
川澄・小林研二写真事務所