江戸川区立船堀小学校

東京都江戸川区 2015年

様々な居場所を内包する機能的な小学校

地下鉄船堀駅にほど近い小学校の改築。校舎の建物は敷地北側に集約し、南側に整形な校庭を確保した。南側に普通教室、北側に特別教室を配置し、中庭を設けることで、近隣のプライバシーに配慮しつつ、自然の光と風が隅々までいきわたる快適な環境になるようこころがけた。メディア学習を重視する区の方針に配慮し、中庭を巡る回遊動線の中央に図書室を配置した。
機能的でオーソドックスな平面計画としつつも、断面構成、開口部の位置や大きさ、大小スペースの配置の仕方などにより、多様な集団のあり方や視線の行き先が生まれ、その時々に応じ、ひとりぼっちから全員まで、自分の居方を選択できる場所づくりができる計画とした。中庭にはいろいろなコーナーがランダムに張り出し児童の様々な活動が楽しげに顔を出している。

所在地:
東京都江戸川区
構造:
RC造/一部S造
規模:
地上4階
延床面積:
9,086m2
竣工:
2015年03月
撮影:
株式会社川澄・小林研二写真事務所 中村隆