新日本工業本社社屋

三重県松阪市 2006年

効率的な生産施設と企業イメージの発信装置

創業100周年を迎えた総合印刷業を営む企業の新本社社屋。道路と敷地の高低差を利用して、前面道路レベルの1階に事務部門、工業団地の造成レベルの2階に生産部門を集約して、効率的な生産工程を実現した。前面道路に面した正面を建物の顔として、企業イメージを発信すると同時に、さわやかに顧客を迎えるデザインとした。

所在地:
三重県松阪市
構造:
S造
規模:
地上2階
延床面積:
7,192m2
竣工:
2006年06月
撮影:
ロココプロデュース

2007年 三重県建築賞 入選