松山城ロープウェイ東雲口駅舎

愛媛県松山市 2006年

城山公園の自然を捉えた段状の施設

城山公園のロープウェイ駅舎としての機能充実にとどまらず、情報発信・交流の機能も有する施設として計画された。城山の豊かな緑や、さわやかな風を最大限に享受できる段状の施設構成が特徴である。「交流ホール」や「空の見える屋外デッキ」では多様な活動を誘発する。計画においては市民ワークショップを実施し、観光客のみならず市民にも永く愛されつづける施設を目指している。

所在地:
愛媛県松山市
構造:
RC・S造
規模:
地上3階・地下1階
延床面積:
2,423m2
竣工:
2006年01月
撮影:
SS大阪