伊勢フットボールヴィレッジ

三重県伊勢市 2013年

地形を活かした新しいサッカー場の提案

伊勢フットボールヴィレッジはサッカーピッチ2面とクラブハウス、スタンドを整備し、サッカーを通じて交流人口を増やし、合宿利用による宿泊需要の増加など地元経済への波及効果をねらった計画である。ピッチとスタンドの臨場感、ピッチとクラブハウスの一体感を重視した施設構成とし、グレードの高い人口芝ピッチを採用することで、プロからアマまで活用できる日本最高レベルのフットボール場を目指した。

所在地:
三重県伊勢市
構造:
S造一部RC造
規模:
地上1階・地下1階
延床面積:
1,716m2
竣工:
2013年02月
撮影:
新建築社写真部

2013年 グッドデザイン賞

2014年 日本建築学会作品選集