氷見市ふれあいスポーツセンター

富山県氷見市 1999年

緩やかな波型の大屋根で丘陵地のランドスケープと呼応

約100m角の中にメインアリーナ、サブアリーナ、柔剣道場、管理の4つのゾーンを構成している。メインアリーナとサブアリーナはスポーツアトリウムを間に挟んで、2次曲面の連続した大屋根で覆っている。これは氷見市の風土である海のうねり、山波、風の流れを表現した。市民の憩いと交流の場として従来の体育館のもつ閉鎖性を払拭し、内部のアクティビティーを外部から認識できるよう外壁にはガラス面を多用した。

所在地:
富山県氷見市
構造:
RC・W造
規模:
地上2階・地下1階
延床面積:
12,187m2
竣工:
1999年03月
撮影:
SS北陸

2000年 AMERICAN WOOD DESIGN AWARDS Special Citation for use of U.S Southen Pine賞

2000年 Special Citation for use of U.S Engineer Wood賞

2000年 Citation Award賞