福岡県立総合プール

福岡県福岡市 1989年

軽快で未来的なイメージを象徴した巨大無柱空間

国体、国際規模の各種水泳、シンクロナイズドスイミング、フィギアスケート、アイスホッケー各競技に対応できる、観客席2790席を持つ屋内総合プールである。大屋根の巾65m×170mの無柱空間は、170m方向にライズのことなる3本のキール・アーチ梁を掛けている。この構造は、フラット梁構造に比べて部材断面が小さくなり、総鉄骨量の軽減を図った。

所在地:
福岡県福岡市
構造:
S・RC造
規模:
地上3階・地下1階
延床面積:
12,746m2
竣工:
1989年04月
撮影:
新建築社、PHOTO STUDIO Feet

石本・日本設計・内藤設計JV