神戸市新長田駅南地区大橋7第1工区再開発ビル「アスタピア新長田ウィズコート」

兵庫県神戸市 2004年

被災地の新しいまちづくり:生活多機能都市 ~「住む」・「働く」・「憩う」

阪神淡路大震災により壊滅的な打撃を受けた地域の、災害に強い新しいまちづくりに基づく再開発事業である。低層部に店舗・事務所、上層部には地権者用・一般用分譲住宅という構成である。住宅×文京×都市ゾーンと様々な属性の結節点に建つ建物は、ここで生活をする楽しさ、家族の様々な物語を、この建物が内包する多様性として建物のデザイン、色彩構成に取り入れた。隣接の公園から中庭のイングリッシュガーデン、屋上ガーデンと緑のネットワークを形成し、潤いと安らぎを地域に提供している。

所在地:
兵庫県神戸市
構造:
SRC・RC造
規模:
地上13階
延床面積:
12,067m2
竣工:
2004年02月
撮影:
伸和

住戸数/102戸