ミラノ工科大学ボヴィサ地区新キャンパス

イタリア国ロンバルディア州ミラノ市 2004年

人・もの・情報が行き交う現代の運河

国際公募の競技設計において、最優秀となった計画である。大学棟の配置計画では、公園に対して、櫛の歯状にボリュームとヴォイドが反復する「景観の帯」が、内外空間の連続を展開する。また、2階をアクセスレベルとすることによって、大学のインターフェースとしての機能を果たすパブリックプレート(通り庭)を設定している。

所在地:
イタリア国ロンバルディア州ミラノ市
構造:
S・RC造
規模:
地上6階・地下1階
延床面積:
110,000m2
竣工:
2004年09月

実施設計完了 : 2004年9月(未竣工)