関東化学オレゴン工場

アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド市 1995年

現地工法を前提とした設計

日本の大手薬品メーカーの米国支社。建物はオフィスとなる管理棟と生産棟の2棟からなり、生産棟では半導体のチップを洗浄するための薬液を生産する。また生産棟は、現地工法であるティルトアップコンクリート工法を採用している。このプロジェクトはIDC(業務提携)との共同プロジェクトであり、工事監理はCM方式を取り入れている。

所在地:
アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド市
構造:
S造
規模:
地上1階
延床面積:
4,194m2
竣工:
1995年12月
撮影:
Portland Industrial Design Corpoartion