世田谷区立太子堂小学校

東京都世田谷区 2016年

快適な環境を実現するコンパクトな小学校

太子堂小学校は三軒茶屋駅から北西へ10分ほどの閑静な住宅地の中に位置している。四周を道路に囲まれ、南側には烏山川緑道と敷地内の樹木が一体となった良好な街路を形成している。体育館を既存のまま残し、老朽化した校舎棟他を全面改築する計画である。狭隘な敷地を有効利用するためシンプルな中廊下形式とし、すべての普通教室を南側に配置したコンパクトな施設計画としている。開放的な中廊下とするため、北側には特別教室の他にオープンスペースや吹抜けなどを配置し、また階段や吹抜けを用いた重力換気を行うことによって、自然採光、自然通風を十分確保した快適な内部空間となるよう計画している。日影規制によって北側外壁を1層ごとに段状にセットバックすること、フェンスを設けず建物外壁によってセキュリティーを確保すること、地上部と屋上を可能な限り緑化することで、北側住宅地に対する建物ボリュームの圧迫感を軽減し、良好な街路空間となるよう計画している。南側ファサードは、庇と給排気口を工夫することにより、シンプルに水平線を強調した構成としている。

所在地:
東京都世田谷区
構造:
RC造/一部S造
規模:
地上4階
延床面積:
7,052m2
竣工:
2016年03月
撮影:
株式会社川澄・小林研二写真事務所