マダガスカル共和国公共自動車整備場

マダガスカル共和国アンタナナリボ市 1995年

アイデンティティーを表現する三角形の屋根

マダガスカル共和国の首都、アンタナナリボ市郊外の丘に建つバス整備工場で、管理棟・修理整備棟・板金塗装棟・守衛棟からなる。外壁はレンガ積み仕上げであり、700ピッチに200巾の白いテラゾーブロックで外観を引き締めた。屋根の三角形は、雨の多いこの地方でより早く雨水を処理する工夫であるとともに、この施設のアイデンティティーの表現でもある。

所在地:
マダガスカル共和国アンタナナリボ市
構造:
RC造
規模:
地上1階
延床面積:
2,833m2
竣工:
1995年04月