今治市営スポーツパーク テニスコートハウス

愛媛県今治市 2014年

風景とテニスと人を結びつけるコートハウス

2017年愛媛国体の会場として新設されたスポーツパークに建つテニスコートハウス。緩やかな山々に囲まれ、遠くにはしまなみ海道をのぞむ伸び伸びとした敷地だ。近年スポーツは、実際に「するスポーツ」だけではなく、「観るスポーツ」、そして指導やボランティアといった「支えるスポーツ」とそのあり方を広げている。そのような様々なアクティビティを受け止めながら、ゆるやかにつなぐ場をつくろうとしている。広大な敷地の中で人の居場所をつくるような姿として、風景と馴染むような細長い建築がふさわしいと思った。テニスコートに沿わせるようにしたボリュームをふわりと浮かせたように配置している。これにより、テニスコートを一望できるラウンジと、広場に沿って選手やその家族の控えの場となるピロティができた。薄いスラブと低い階高によってピロティ・ラウンジ・コートは、視覚的に連続し、三者が同じ場を共有できるようになっている。多様なアクティビティをゆるやかにつなぐということは、スポーツが持つ興奮や感動を共に味わうことに他ならない。

所在地:
愛媛県今治市
構造:
RC造/S造
規模:
地上2階
延床面積:
640m2 
竣工:
2014年10月
撮影:
阿野 太一(写真1.2.5.6) 大橋 航(写真3.4)

(4,110㎡:屋根付コート含む延床面積)

2017年 日本建築学会 作品選集2018

2017年 日本建築家協会優秀建築選100選

2018年 日本建築学会作品選集新人賞