高知県立坂本龍馬記念館 新館

高知県高知市 2018年

対照的な本館と新館                                    ~ 開・明の本館と閉・暗の新館が龍馬記念館を充実させる~

坂本龍馬ゆかりの地に記念館が建設され、20年が経った。公開承認施設の諸性能を備え貴重な歴史資料に触れ龍馬を深く知る博物館として増築を計画。風雨・塩害・厳しい日射から展示品を守るべく屋根及び外壁を2重にした。躍動感あふれる既存館は雄大な景観と多様な展示を楽しむ観光文化施設として当初のコンセプトを尊重した改修計画とする。太平洋を臨み、高知と龍馬を体感できるミュージアム。落ち着きのある佇まいを見せる新館は来館者を迎え入れる大きな軒下空間とやわらかい光で包まれたロビー空間を通して貴重な歴史資料に触れ龍馬を深く知る博物館として計画する。公開承認施設の諸性能を備えた博物館は「蔵」。温湿度管理、塩害対策、防塵、遮光、防火機能を備える。躍動感あふれる既存館は雄大な景観と多様な展示を楽しむ観光文化施設として当初のコンセプトを尊重した改修計画とする。太平洋を臨み、高知と龍馬を体感できるミュージアム。来館者が安全に館内を巡ることができ、心地よく憩えるスペースを充実させる。

所在地:
高知県高知市
構造:
RC造/一部S造
規模:
地上2階 地下1階
延床面積:
2,024.23m2
竣工:
2018年01月
撮影:
©️Hidehiko Nagaishi

 

JV:石本・ワークステーション・若竹設計共同企業体