須賀川市民交流センターtette

福島県須賀川市 2018年

積層する復興の丘

■街と人をつなぐ建築
東日本大震災によって被害を受けた街の中心地に図書館、生涯学習、子育て支援、ミュージアムなどの活動の場をつくることで、失われた街の賑わいと市民交流の再生を目指した。床を少しずつセットバックしながら積層することで、多くのテラスが生まれ人々の活動が街に表出し、内部の吹抜けは各階を断面的、視覚的に繋いでいる。各フロアを緩やかな階段やスロープで結んでおり、街を歩くように建物全体を巡ることができる。

■複合施設から融合施設へ
各機能全体を「まなぶ」「つくる」「あそぶ」などの9つのテーマに分類し直し、イメージしやすく、分かりやすいテーマとすることで、多くの人が目的以外の知識や情報、人との出会い、交流が生まれるきっかけをつくりだしている。またこのテーマに関連して施設全体に図書を配置することで、施設全体が図書館であり公民館であるような、各機能が融合する新しい公共空間を目指した。

所在地:
福島県須賀川市
構造:
S造/一部SRC造
規模:
地上5階 地下1階
延床面積:
13,698m2
竣工:
2018年07月
撮影:
株式会社川澄・小林研二写真事務所 船来洋志/日吉祥太

 

JV:石本・畝森特定設計共同企業体

建築:石本建築事務所・畝森泰行建築設計事務所

環境:石本建築事務所

構造:石本建築事務所(構造協力:オーク構造設計)