BOATRACE 六本木

東京都港区六本木 2019年

これからのボートレースを支える新たなブランディング拠点

本計画は、ボートレースのブランディングおよびマーケティングの拠点となるホールと事務所、テレビスタジオからなる複合施設である。都心において、自然豊かな景観の創出と広場の開放によって地域に溶け込み、BOATRACE を社会に広く伝え、新たなファンの獲得と未来への基盤の強化を目指している。低層部は、6艇のボートから生まれる軌跡とダイナミックな波をイメージし、ボートレースの躍動感とスピード感を表現している。100種類をこえる草花や水景施設からの心地よい水音は、街を歩く人の目と耳を楽しませる。この広場の地域開放は、ボートレース事業の社会貢献のひとつでもある。大開口によって広場と一体につながるホールは、多様なイベントに利用でき、災害時の地域サポートにも対応するとともに、高層棟のスタジオと連携した収録に活用することもできる。高層棟の執務室は、東側のダブルスキンカーテンウォールに内蔵したブラインドによる日射制御や南北両端の開口部からの外気の取入れなどにより、明るく開放的な環境を整え、職員の活発なコミュニケーションを誘発する空間を形成している。

所在地:
東京都港区六本木
構造:
S造
規模:
地上10階 地下1階
延床面積:
13,320m2
竣工:
2019年11月
撮影:
株式会社川澄・小林研二写真事務所

 

 

JV: 石本・清水設計共同企業体

基本設計:石本建築事務所

実施設計・監理:石本・清水設計共同企業体
建築:石本建築事務所
構造・環境:清水建設一級建築士事務所

2020年 日本サインデザイン賞