入社1年目から始まった足掛け3年目のプロジェクト。

2万平米の敷地に新しい風景が生まれる。

多くの関係者と協力し、困難を乗り越えて迎えた初現場。

大空に伸びゆく柱の鉄筋は、わずかながら設計時イメージしていた空間像を想起させる。

 

何もなかった場所に、新しく価値を生み出す。

そんな瞬間がもう少しで訪れようとしていると思うと、ぞっとする。

 

「良い建築」を目指して完成までの時間に精一杯の尽力をかけようと思う。