ISHIMOTOについて

社長メッセージ

私たち石本建築事務所は、2020年9月に創立93周年を迎えます。
これもひとえに皆様のご支援の賜物と、心より感謝申し上げます。

新型コロナウィルスにより社会は大きく変化しようとしています。
私たち石本建築事務所は、業務を取りまくあらゆるスタンダードを見直し、積極的にこの変化に対応して
まいります。また、多様性のある「新しい働き方」の実現を目指します。

創業者から受け継ぐ「石本スピリット」

創業者の石本喜久治は、常に「先見性」を発揮していました。
東京帝国大学在学時、堀口捨己、森田慶一、山田守らとともに「分離派建築会」を発足、実用性を重んじる
当時の建築界の風潮に対して、感性や芸術的アプローチの重要性を訴え注目を集めました。わずか8年間の
活動でしたが、グループとそのメンバーがその後の近代建築に与えた影響は計り知れません。
その後、28歳のときに全財産をはたいて渡欧、帰国後にパトロンも資産も持たず裸一貫で石本建築事務所を
創設しました。さらに20年後には、日本で初めて組織設計事務所として法人化を実践しました。
時代の先を読み、果敢に挑戦してきた「石本スピリット」は、いまも私たちに脈々と受け継がれています。

―1920年の「分離派建築会」結成から、今年で100年を迎えます。―

なぜ石本は「設計」でなく「建築」事務所なのか

「建築」とは、企画・設計・技術開発・施工等のすべてのプロセスを包含する言葉です。
石本建築事務所が目指すもの、それは「良い建築」です。「良い建築」とは、お客様に喜ばれ、広く社会に
貢献し、未来を拓くプロジェクトであると私たちは考えます。

優れたデザインは、魅力的な街や美しい景観を生み出します。
環境への負荷を減らす技術は、持続可能な社会づくりに寄与します。
それらは市民の交流や地域の活性化を促進し、社会のイノベーションを誘引するものであると
私たちは信じています。

石本建築事務所は、設計を超えた幅広い技術とサービスで、建築を総合的に捉える会社なのです。

石本建築事務所はこれからも「良い建築」を追求してまいります。

代表取締役社長 長尾 昌高
代表取締役社長 長尾 昌高